MENU

債務整理の相談は、どこに相談したらいい?

 

債務整理相談

 

借金問題で困っていて債務整理について相談してみたいと思った時、どこに相談したらいいかご紹介します。

 

毎月の借金の返済に追われている
借金の取り立てが厳しい
住宅ローンが支払えない
給料が差し押さえられた

 

など借金問題で困っていて債務整理について相談してみたいと思った時に、まず思い浮かぶのは、県とか市区町村などの公的機関の無料相談です。

 

無料相談ということもあり、相談時間はせいぜい30分、長くて1時間くらいで、その時間に借金を背負うことになった経緯などを説明し、アドバイスを受けるということになりますが、でも、その相談員は、よくてその借金を解決する方法(債務整理の方法)について説明し、借金問題を解決してくれる専門家を紹介してくれはしますが、具体的な解決方法をアドバイスしてくれたり、実際に動いてくれることはありません。

 

ここでは、借金問題の解決を実現してくれる相談先の紹介と、その借金問題の専門家についてご紹介していきます。

 

債務整理は専門家に

 

借金問題を解決してくれる債務整理の専門家といえば弁護士・司法書士。
やはり、弁護士の法律事務所、司法書士の法務事務所に相談するのが解決の糸口となります。

 

債務整理相談

 

債務整理に特化した事務所に相談する

 

債務整理の相談は、弁護士・司法書士なら誰でもいいというわけではありません。
債務整理に強い事務所、借金問題を専門とする弁護士・司法書士に依頼しなければなりません。
債務整理相談

 

相談料は無料

 

債務整理相談

 

債務整理を専門とする弁護士・司法書士なら、大手事務所・中小の事務所を問わず、ほとんどの事務所で、無料相談を受け付けています。

 

借金の相談の依頼者は、金銭的に支払がむつかしい場合がほとんどなので、債務整理を専門とする事務所では相談がしやすいように無料で行っています。

 

公的機関の無料相談とは違い、時間のとれない依頼者のために平日はもちろん、夜間や休日でも相談を受け付けてくれます
事務所によっては、24時間受付していたり、電話相談のできるところ、ネットのからメール相談も行っているところもあります。

 

相談の基本は面談

 

債務整理の相談は、電話やメールでもできますが、ほんとうに債務整理をして借金問題を解決しようと考えているならば、問題解決に役立つ資料を準備し、弁護士事務所・司法書士事務所に直接足を運び、面談での相談をするようにしましょう。

 

債務整理相談

 

相談の準備

 

債務整理相談

 

債務整理の無料相談を受けるためには、やはり準備が必要です。
自身の借金の状況を正確に伝えるために、

 

現在の借金の状況(どこからどれだけ借金をしているか)
収入の状況
資産の状況
家族構成

 

などがわかる資料を揃えて持参するようにしてください。

 

借金の資料なら、賃貸借契約書、支払明細書、領収書、クレジットカード、取引履歴、信用情報機関の信用情報など
収入の資料としては、給料明細、納税証明書、預貯金の通帳など
資産については、不動産の権利証(登記済証・登記識別情報通知)、車、生命保険証書、有価証券、預金通報など

 

これらの資料をありったけ準備してください。

 

債務整理の方法を判断する

 

債務整理の方法としては、任意整理・自己破産・個人再生・特定調停の4つの方法があり、また、利息制限法を超える金利で長期間返済をしていると利息の払いすぎによる過払いが発生しているケースもあります。
その際には、利息の払いすぎによる過払金返還請求も選択肢のひとつになります。

 

専門家である弁護士・司法書士は、上記の資料を基に、依頼人にとって最適な債務整理の方法を提案することができます。

 

また、自分は任意整理をしたいがどうかという個別の債務整理について、現在の借金の状況で可能かどうかの判断も的確にしてくれます。

 

債務整理相談

 

その他の相談のチェックポイント

 

 

相談は専門家と面談

 

メールや電話での相談は確認できませんが、弁護士・司法書士事務所へ訪問しての相談の場合は、当然ですが、相談相手は、専門家(弁護士・司法書士)本人が行う事務所を選びます。

 

弁護士も司法書士も、債務整理の仕事の依頼を受ける時は、依頼者本人と面談するという規定があり、事務員に面談を任せるような事務所は避けた方がいいです。

 

弁護士・司法書士との相性

 

債務整理の相談は、誰でもいいというわけではありません。
依頼する弁護士・司法書士との相性もあります。

 

依頼人の現在の借金の状況を把握するために、依頼人の話をよく聞いてくれる、わかりやすく説明してくれる、債務整理をした場合のメリットはもちろんデメリット(一定期間クレジットカードが使えなくなる・借り入れができなくなるなど)について説明してもらえる、なども判断材料にしましょう。

 

 

要望を考慮してくれるか

 

任意整理・過払金返還請求などは、債権者との交渉することになり、依頼人の意向が反映される余地があります。

 

過払い金の請求などの場合、依頼人は栽培などで全額返金を希望しているのに、勝手に和解してしまうなど、事務所の利益を優先するところは避けるようにしましょう。

 

セカンドオピニオン

 

どの事務所がいいかは、ひとつの事務所だけではなく複数の事務所に相談してみるといいです。

 

あなたにとって信頼できる専門家に依頼するのが一番だからです。

 

債務整理費用の明示について

 

債務整理を相談し、実際に依頼する時はその費用がいくらいるか、その支払い方法はどうするかなど、具体的に説明をしてくれる事務所を選択しましょう。

 

弁護士と司法書士どちらに相談・依頼するのがいいのか?

 

債務整理相談

 

債務整理を専門とする弁護士・司法書士事務所であれば、どちらを選択してもOKです。

 

無料相談を受けて、自分と相性がいい弁護士・司法書士に依頼するのもひとつの方法です。

 

ただ、司法書士は債務整理の1件の債権額が140万円以下の借金でないと代理人として貸金業者と交渉することができないので注意が必要です。
弁護士は、そんな制限はありません。

 

司法書士が債務整理の代理人として活躍できるのは、債権額が140万円以下の任意整理、過払い金の請求の場合です。140万円を超える任意整理、過払い金の請求は弁護士に依頼するしかありません。また、自己破産・個人再生の手続については弁護士は代理人として本人に代わって手続ができますが、司法書士は自己破産・個人再生の申立書などの書類作成しかできないので、本人が裁判所、債権者と対応・交渉する必要があります

 

費用については、上記のように代理権についての制限が司法書士にはあるので、一般に弁護士より司法書士の方が安い価格設定をしています。

 

なので、債権額が140万円以下の場合は、司法書士も貸金業者との交渉できますし、債務整理専門の事務所なら能力の差もないので、費用が安い司法書士の事務所に相談するという選択肢もあります。

 

債務整理とメール相談

 

債務整理相談

 

自分の力だけで債務整理をすることは、手続的には可能ですが、貸金業者等と交渉するためのストレス、当然債務整理(任意整理・自己破産・個人再生・特定調停)に関する法律や手続について勉強したり、各手続のための申立書作成など、膨大な手間がかかることを考えると費用対効果は良くありません。

 

また、債務整理の内容によっては失敗という可能性も出てくるため、そこはやはりプロに任せてしまうのが安全確実です。

 

債務整理のプロとは、もちろん弁護士・司法書士などの存在で、その専門家の法律事務所・法務事務所を頼る事になるでしょう。

 

しかし、いきなり扉を叩くのはハードルが高そうなので、まずはメール相談してみるというのも悪くありません。

 

弁護士事務所にもそれぞれ特色があり、債務整理のメール相談なら、無料で相談できる借金問題を専門に扱っているところが良いでしょう。

 

その事務所の公式サイトを見て、取り扱い実績や過去に取り扱った案件を大々的に公表していれば一定の信頼がありますし、無料相談を受け付けているという気軽さもあります。

 

最初のハードルが高いという方以外にも、日中は忙しくて相談に行く時間がない等の理由からメール相談を利用される方は多いです。

 

債務整理にはいくつかの方法がありますが、今抱えている債務の状況や生活環境に応じた最善の方法を用いなければなりません。

 

十分ではないけど、安定した収入があるものの、現在の金額での返済に追いついていない状況なら任意整理が選択できますし、もうどうにもならない状況では自己破産となるでしょう。

 

一番いいのは、借金に関する各種の資料を持参のうえ専門家の事務所を訪問し、弁護士・司法書士と面談するのが一番効率がいいのですが、そういった選択を含め、まずメールで相談してみるのもいいかもしれません。

 

自分では思いつかなかった方法を教えてもらえる事もありますし、もしかしたら債務整理の必要がないという事もありますので、まずは専門家とコンタクトをとってみることをお勧めします。