MENU

債務整理後にクレジットカードを使うことができるのか?

 

債務整理後にクレジットカードを使うことができるのか?

 

クレジットカードやカードローンによる借り入れの返済額が大きくなり、このままでは利息だけを毎月支払い続けるだけで、元金がほとんど減らず、完済ができないので債務整理をしたいと考えている方にとって、債務整理後にクレジットカードが使えるかどうかというのは切実な問題だと思います。

 

インターネットでのお買い物や、電気・ガス・携帯電話の支払いや、キャッシング機能を利用しての借り入れと、日常生活において、クレジットカードを利用する機会はとても多く、カード利用者にとってはかかせないものとなっています。

 

基本的には使えない

 

債務整理をすると、基本的にはクレジットカードを作ることも、使うこともできなくなります。

 

クレジットカードの使いすぎによって借金が膨らみ、債務整理をしようと考えているのですから、債務整理後にクレジットカードを利用することは控えて借金の整理をするべきなんですが、ネットでのお買い物など、どうしてもカードが必要なこともあります。

 

こんな時の使える(作れる)カードもありますので、そんなに日常生活に困るということもないはずです。

 

債務整理には、裁判所を通さない債権者との交渉で借金を減額してもらう「任意整理」、裁判所で行う借金減額の手続として「個人再生」、また、借金を免除してもらう「自己破産」(こちらも裁判所での手続です)などがあります。

 

以下の章で、それぞれの債務整理の方法でクレジットカードの取り扱いがどうなるかについてご説明していきます。

 

債務整理全般

 

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)をすると、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、JICC(株式会社日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)などの個人信用情報機関に、その事実が事故情報として登録され、借り入れをすることができなくなります。

 

また、新規のクレジットカードの申込みの場合も、個人信用情報機関の登録情報を確認し、債務整理をしたことがわかるので、カードを作ることはできません。

 

債務整理後にクレジットカードを使うことができるのか?

 

個人再生・自己破産の場合

 

個人再生・自己破産は、裁判所の手続で、全貸金業者を対象に行い、それぞれが加盟している個人信用情報機関に個人再生・自己破産の手続をしたことの情報が載りますので、全てのクレジットカードが使えなくなります。

 

なお、個人信用情報機関に事故情報が載っている期間中は、クレジットカードを使うことはできません。
その期間は、以下のとおりです。

 

CIC(株式会社シー・アイ・シー)

自己破産は5年間、個人再生については載りません。

 

JICC(株式会社日本信用情報機構)

自己破産・個人再生とも5年間

 

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

自己破産・個人再生とも10年間

 

 

任意整理の場合

 

任意整理は、裁判外の債務整理手続で、一般的には弁護士・司法書士が債務者の代理人となり、貸金業者との話し合いで、借金の額を減額、分割払いするよう和解交渉します。

 

任意整理の場合は、個人再生・自己破産のようにすべての債権者を対象にしないといけないのではなく、住宅ローンや、奨学金などの債務は引き続き支払うようにして、金利の高い借金など借金の減額が大きいものを対象に選択して債務整理をすることができます。

 

このため、今回債務整理をしなかったクレジットカード会社のクレジットカードは、引き続き使える場合もありますが、カードの更新時や不定期の与信調査により、その会社が加盟している個人信用情報機関の情報を参照するので、他の貸金業者で任意整理をしたことが判明し、その時点で使えなくなります。

 

また、個人信用情報機関同士もネットワークで結ばれてますので、加盟していない債務整理の事実もわかってしまいます。

 

なお、弁護士・司法書士に任意整理に限らず、個人再生・自己破産などの債務整理を依頼すると、誤ってカードを使ってしまうことの防止・債務整理する借金の額の確定のため、すべてのクレジットカードの提出を求められ、債務整理開始以後は、クレジットカードの利用の停止をすることになります。

 

個人信用情報機関への登録期間

 

任意整理の登録期間は、JICC(株式会社日本信用情報機構)は5年(受任通知から和解までの間に登録される)、
CIC(株式会社シー・アイ・シー)は、載りません。
KSC(全国銀行個人信用情報センター)も任意整理の情報は載りませんが、保証会社が代位弁済をしたという事故情報が5年間掲載されます。

 

どうしてもクレジットカードを使う必要がある

 

債務整理後にクレジットカードを使うことができるのか?

 

以上のように、基本的には債務整理後5〜10年は、クレジットカードを使うことはできなくなりますが、仕事とか生活の関係上どうしてもクレジットカードが必要な場合もあるかと思います。

 

このような時は、配偶者や両親に家族カードを作ってもらい、対応されています。

 

家族カードは、家族カードを作った配偶者や両親に、カード利用に伴う支払責任のもと発行されます。

 

借金をした本人が債務整理をしたからといって、家族にその影響は及ばないということです。

 

もうひとつの方法としては、カード会社の与信調査がないデビットカードを使う方法です。

 

デビットカードは、クレジットカードと同じような使い方ができますが、クレジットカードのように利用代金を後払いするのではなく、銀行口座の残高の範囲内で即時支払いが完了します。

 

海外では、即時支払のデビットカードが人気です。

 

まとめ

 

債務整理後にクレジットカードを使うことができるのか?

 

以上、債務整理後のクレジットカードの使用については、

 

1.債務整理をすると、個人信用情報機関に信用情報として、債務整理の事実が登録される
2.債務整理後は、登録経過後5〜10年はクレジットカードが使えなくなる
3.債務整理後のカード利用は、家族カードかデビットカードを使用する

 

ということを確認しておいてください。

 

債務整理後は、自分名義のクレジットカードが使用できなくなるのは、大きなデメリットですが、現在の借金の支払いに苦しみ放置していても借金問題は解決しません。

 

クレジットカードが使えなくなることをデメリットと考えず、カードが使えない環境、つまり収入の範囲内で生活をすることができる環境におくことになることをメリットと考え、なるべく早く行動を起こすことが大事です。

 

債務整理の手続は、法律の専門的知識が必要で、貸金業者との交渉などとても個人では手に負えるものではないので、債務整理に強い専門家である弁護士・司法書士に相談し、借金問題を解決することをお勧めします。