債務整理のお悩み解決相談室

MENU

債務整理のお悩み解決相談室

2017/09/20 03:35:20 |
債務整理をしたけど和解ができないというのは、主に任意整理による債務整理の場合を指しますが、債務整理には、任意整理の他に個人再生、自己破産があります。過払い金の請求も債務整理の一部といってもいいでしょう。ここでは、任意整理ができない(和解ができない)場合や、個人再生・自己破産・過払い金請求ができない場合について紹介していきます。任意整理の場合分割返済ができない任意整理は、基本的に1.将来利息をカットしてもらい、2.3〜5年の分割払いで返済するということを貸金業者と和解することです。したがって、和解後の借金を3〜5年で支払い完了するだけの、継続的な安定した収入(親族等に援助してもらうのでも可)がな...
2017/07/25 18:57:25 |
借金問題で困っていて債務整理について相談してみたいと思った時、どこに相談したらいいかご紹介します。毎月の借金の返済に追われている借金の取り立てが厳しい住宅ローンが支払えない給料が差し押さえられたなど借金問題で困っていて債務整理について相談してみたいと思った時に、まず思い浮かぶのは、県とか市区町村などの公的機関の無料相談です。無料相談ということもあり、相談時間はせいぜい30分、長くて1時間くらいで、その時間に借金を背負うことになった経緯などを説明し、アドバイスを受けるということになりますが、でも、その相談員は、よくてその借金を解決する方法(債務整理の方法)について説明し、借金問題を解決してくれる...
2017/05/22 08:40:22 |
自己破産・個人再生・任意整理などの債務整理を行うとブラックリストに登録されることになります。ブラックリストに登録されている状態というのは、債務整理をおこなったという事実が、貸金業者・カード会社等が加盟している信用情報機関の個人信用情報というデータベースに、任意整理・自己破産・個人再生をしたことを表す情報(事故情報)が登録されることをいいます。ブラックリストに登録されると、長期間、新規の借り入れや、新たなクレジットカードが作れなくなるなどの制限を受けることになり、債務整理をする際のデメリットとなります。ブラックリスト(信用情報機関)への登録期間債務整理の手続ごと、登録先の信用情報機関ごとに登録さ...
2017/03/31 23:12:31 |
借りたお金には、通常利子をつけて返していきます。現在では是正されたものの、かつては、お金を貸す時の利息が法定金利を上回るけれども罰則は受けないという「グレーゾーン金利」といわれる高金利で、社会問題となるほどの利息の時があり、多くの債務を抱えた方がたくさんいました。2010年からは貸付利息=法定金利上限となりましたが、それでもやはり高金利に悩む方は減ることはありません。そんな債務を、一気にとはいきませんが返済しやすくする手段として有用なのが、任意整理をはじめとして、自己破産、個人再生などの債務整理や、グレーゾーン金利により払いすぎた借金を返してもらう過払い請求などです。弁護士や認定司法書士の助力...
2016/12/21 06:55:21 |
債務整理は、借金がなくなる(免除する)、少なくなる(圧縮減額する)という大きなメリットはありますが、もちろん思いがけないデメリット、各債務整理に固有のデメリットがあります。債務整理全般のデメリット〜他人に迷惑をかけることに債務整理全般にいえるのは、今後数年借金ができなくなるというデメリットがあり、クレジットカードが使えなくなる・作れなくなる、借り入れや住宅ローンが利用できなくなるなどのデメリットがあります。上の例は、債務者本人のデメリットですが、夫や妻である本人が債務整理したことにより、家族や、連帯保証人など他人にも迷惑をかけることになるかもしれません。債務整理全般のデメリット〜ブラックリスト...